2012年10月のまとめ

     はてしなくぐったりまったり冒険していた、2012年10月のまとめです。

    国籍:フランス

    職業:考古学者→船大工→盗賊→工芸師→盗賊→鍛冶師→調理師→盗賊→鍛冶師→砲術家→鍛冶師→考古学者→司祭→考古学者→鍛冶師→砲術家→考古学者→盗賊→考古学者→盗賊

    爵位:伯爵→侯爵
    階級:海軍少将→海軍中将

    冒険Lv:65
    交易Lv:75
    戦闘Lv:66

    冒険名声:58949→133760
    交易名声:350000
    戦闘名声:230539→231176

    爵位まで名声あと:285064

    文化貢献度:42438→49796
    王立艦隊功績:15892→16897

    悪名:1

    開錠:R8→R9
    財宝鑑定:R8→R9
    工業品取引:R9→R10
    見張り:R8→R9

    発見物:1730→1803

    このBLOGへのアクセス数
    日付 ユニークアクセス トータルアクセス
    2012年 8月 1144 2065
    2012年 9月 676 1112
    2012年10月 944 1664

    旧BLOGへのアクセス数
    日付 訪問者数 ページビュー
    2012年 1月 2425 10476
    2012年 2月 2247 9698
    2012年 3月 2580 11642
    2012年 4月 2498 11556
    2012年 5月 2536 12783
    2012年 6月 2432 16631
    2012年 7月 2665 16191
    2012年 8月 2176 11213
    2012年 9月 1661 11493
    2012年10月 2668 14830

     旧ブログのアクセスがとても多かったですが、アクセスのほとんどが「Notosフランスwikiの管理について」でした。どうせどこかの誰かが某巨大掲示板にでも晒してるんでしょうね、見てもいないから知らないけど。リファラーのほとんどが、そちら系からのジャンプページでした。

     たまには新ブログのほうも見て欲しいものですw。
     あ。旧ブログのほうに、新ブログへの誘導コメントをずっと表示させればいいのかも。試してみようっと。

     晒されるのは決して気持ちのいいものじゃないけれど、多くの人に私のこととかフランスのことなどを知ってもらえる機会だと考えて、ピンチをチャンスに持っていかないとね。

    続きを読む

    ランス・オ・・・

     昨日の予告どおり。

     wikipediaの検索窓に「ランス・オ」と入力すると、ランス・オ・メドーともに、ランス・オサリバンという名前が表示されました。
     ニュージーランドの元騎手で、今は調教師をなさってる方なんですが、日本の競馬の歴史に残るジャパンカップでのオグリキャップとホーリックスの死闘の時の、ホーリックスの騎手でもあります。


     あの頃の競馬ブームは本当にすごかったね。
     競馬に興味のない人でも、オグリキャップやスーパークリーク、イナリワン、バンブーメモリーといった名前を知ってる人は多かったもんね。私も、競馬に興味を持つ前ですが、名前は知ってました。一般ニュースでも取り上げられてましたしね。

     で、このオグリキャップという馬。時代にうまく乗ったというか、人々の心をうまくつかむような、そんなストーリーでしたね。もちろんスポーツに筋書きなんてないんだけれども、もしこれがストーリーなら、たぶん編集さんはリアリティがないってダメ出しする感じじゃないかな。それぐらいよくできた話だったな。まさに「事実は小説より奇なり」。


     まず、まったく期待されてない血統。競馬は血統のスポーツといいながら、無名の父、無名の母から生まれました。そして華やいだ中央競馬ではなく、寂れた地方競馬の笠松競馬からデビュー。すると連勝に連勝を重ね、実力が買われて中央競馬に移籍。そこでも連勝街道を突き進みます。
     その頃の映像。ニュージーランドトロフィー4歳ステークスです。

     めっちゃ強いよ・・・。


     ところがここで第一のつまづき。なんと競走馬の一生に一度の大舞台であるダービーなどの「クラシック」と呼ばれるレースには、オグリキャップは出走できなかったんです。というのもクラシックに出走するには、当時は産まれてからデビューするまでの間に「クラシック登録」という登録をしないといけないんですが、合計40万円の登録料が必要なので、地方競馬の馬はほとんどが登録してないんですよね。もったいなくて。オグリキャップも登録してなくて、強い勝ち方をしているのにダービーに出ることができなかったんです。
     ちなみにオグリキャップがきっかけで制度が変わり、今は追加登録料200万円で追加登録が可能になりました。テイエムオペラオーは追加登録でクラシックに出走できたそうです。

     夏を越し、秋の毎日王冠というレースまで14連勝、中央競馬だけでも6連勝で迎えた秋の天皇賞は2着、ジャパンカップは3着に敗れますが、年末の大一番有馬記念は優勝し、4歳(今の表記でいう3歳。当時は数え年)を終えます。

     5歳春は故障のために休養にあて、秋はオールカマーから始動。毎日王冠を2年連続優勝し、秋天皇賞に挑むわけですが、ここでまた敗北。鞍上の南井(みない)騎手は、自分のミスで負けたと自分を責めます。

     中二週で挑むマイルチャンピオンシップ。4コーナーで絶望的な手応えから、驚異的な伸びを見せ、武豊騎手鞍上のバンブーメモリーをハナ差抑えて優勝します。杉本清さんの名実況でどうぞ。

     杉本さん、上手いなぁ~。この独特のリズム感がいいですよね。

     そして、連闘で挑むジャパンカップ。当時のターフ(芝生)はまだオーバーシードをしてないから、野芝のままなんですよね。黄色いのが懐かしい。

     もう言葉がありません。すごいレース。そしてすごいタイム。実況でアナウンサーが「ワールドレコードホルダー、ホークスター」と喋ってますが、当時の芝1.5マイル(約2412m)の世界記録はホークスターが「オークツリー招待ハンデキャップ」というレースで記録した2分22秒8。ところがホーリックスとオグリキャップは、2400mを2分22秒2という当時としては驚異的なタイムで駆け抜けたのです・・・。

     この年の有馬記念は、疲労がたまったのかイナリワンの5着に沈みます。

     翌年、6歳。春はぶっつけ本番で臨んだ安田記念を快勝しますが、宝塚記念は2着に惨敗。秋も天皇賞6着、ジャパンカップを彼自身の着順としてはワーストの11着と完敗します。そして引退レースの有馬記念。体調の悪化も伝えられ、もう多くの人はオグリキャップのピークは過ぎた、終わったと評価し、なかには有馬記念は出走させるべきではない(どうせ負けるのだから醜態を見せずに引退させるべきだ)という人さえいました。

     しかし鞍上武豊騎手とともに、オグリキャップは有終の美を飾るのです。


     しかしまぁ、解説の大川慶次郎さんの「(メジロ)ライアン!ライアン!」には笑いますね。^^;



     引退後は種牡馬となりましたが、目立った活躍馬はなく、2010年7月3日に放牧中に転倒し骨折、治る見込みがないため残念ながら安楽死となりました・・・。



     ・・・「ランス・オ」からここので引っ張ってしまった。あは。



     DOLでも、競馬関係の連続クエストとかあれば面白いんじゃないかなぁ。サラブレッド三大始祖をたどる、みたいな。
     というわけで、考えてみた。以下全部ロンドン冒険者ギルドで。

     ひとつめのクエストが、さる貴族が馬の競走をさせたがってるけれども、いい場所を知らないか?という地理クエスト。ブリテン島南岸で視認で「エプソムダウンズ」を発見。スキルは地理2視認1というところかな。

     ふたつめは、ダブリン郊外で戦争があった際、ロバート・バイアリー大佐が敵に包囲されたけれども、愛馬の足が速かったので難なく脱出した話。お話の確認だから、スキルは英語1だけでいいかも。これがバイアリー・ターク。

     みっつめは、貴族の間で馬の競走に人気が出てきたんだけれど、シリアにものすごく足の速い馬がいるらしいので、そいつを連れてきてというお使いクエ。なんだけど、その馬(ダーレーアラビアン)はもうすでに売られてしまっていたので、仕方なく野生の馬を観察して帰るというオチ。発見物は「アラブ馬」、生物5生態調査4ぐらいかな。

     よっつめ。ゴドルフィンアラビアンのお話。チュニスにこれまた足の速い馬がいるらしいので、連れてきてというお使いクエ。しかしチュニスに行くとこれもまたすでにそこに馬はいず、パリにいるという。パリに行くと、街の噂では国王がその馬を気に入ってないらしい。マルセイユのギーズ公爵のところに行くと、譲っていただけるという。パリで発見、発見物は「バルブ馬」、生物7生態調査5ぐらい。

     さすがにサラブレッドが誕生するのはまだまだ時代が後なので、このへんでおしまいかな。
     うーん・・・案外レベルの低いクエストになっちゃったな。

     あと、ロンドンから日本行きのクエはどうだろ?東洋にスタミナに秀でた馬がいるらしいので調べてきて欲しい、と。発見物は「木曽馬」。生物学10生態調査8ぐらい。



     クエストを考えるのも大変だね~。とくに冒険クエストは。
     クエストはいくつあるんだろ・・・?冒険クエストだけで1700個ぐらいあるみたいですね。商人と海事はわかんないけど、仮にDOLのスタート時点で全部のクエストが1700個だったとして、ひとつのクエスト、ストーリーとセリフを考えるのに3時間、設定と確認に1時間かけたとして、4時間か・・・。スタッフひとりで1日2つ実装するのが限界かも知れませんね。となると、クエスト実装チームが5人いたとして、170日・・・。ほぼ半年がかりって感じですか。まぁたしかにこれだけの量と質を考えると、それぐらいかかっても不思議じゃないか。

     そう考えると、DOLも作るのに手間暇かかってるゲームだよね、ホント。

    Lovely Spam!Wonderful Spam!

     ヴィンランド・・・それは、バイキングの足跡をたどる旅。

     ・・・なんですが、私はひたすら思いだし笑いの旅でした。

     というのもバイキングといえば、モンティ・パイソンの伝説のスケッチ「スパム」が頭から離れないからです。



     なぜかバイキングたちがたくさんいる食堂に、なぜか宙から下りてくる夫婦。なぜかメニューはスパムだらけ。婦人が「スパムは嫌いなのよ!」と叫ぶと、なぜか合唱するバイキング・・・。「Lovely Spam!Wonderful Spam!(スパム大好き!スパム最高!)」。そしてなぜか乱入してくる変なポケット辞書を持たされたハンガリー人。そしてなぜか歴史家による解説。

    またもバイキング勝利。ブロムリーのミジェット食堂です。バイキングの戦略は同じ。フィヨルドを出て、トロンヘイムで北東の風を待ち、ガレー船で英国へ。それが5月23日でした。ブロムリーに到着し、ミジェット食堂に集結。スパム・メニューから特製スパムをスパム選択。スパムして、スパム スパム スパム スパム・・・

     そしてエンドロールもスパムだらけに。サービス料別。

     有名な話ですが、インターネット上で送信されてくる迷惑メールが「スパムメール」と名づけられたのは、モンティ・パイソンのこのスケッチが由来と言われています。


     あと、トロンヘイムとはここです。

    大きな地図で見る
     そう。まさにスカンジナビア西岸上陸地点。オリガのいる場所です。
     なんて精巧な・・・。


     話をDOLに戻しましょう。

     「テラ・ノヴァ北岸」から奥地に入ると、「ヴィンランドの岬」になります。
     すると、スノッリという青年がしました。スノッブじゃないよね?(ぉ


    diary20121029_01.jpg

    スノッリ>ここは「ぶどうの地」。ヴァイキングにとって特別な場所だ

     あら・・・先にネタバレしちゃってるよ。あは。


    diary20121029_02.jpg
     ともかく、バイキングの入植地跡「ランス・オ・メドー」を発見しました。
     綴りが「L'Anse aux Meadows」なので「ランス・オ・メドーズ」と書いてる人もいらっしゃいますけども、もともとがフランス語由来の言葉なので、最後のsは発音しないと思いますね。
     つか、もともとの言葉は「L'Anse-aux-Méduses」、発音はランス・オ・メデュズ」、意味は「くらげの入り江」だそうです。フランスの東部って、フランス語文化圏と英語文化圏とが入り交じってるんですよね。なので恐らく、Médusesに発音の近い英語の「Meadows」(「草原」という意味)に置き換わってしまったんだと思います。ちなみに英語的発音だと「ランゾメドーズ」だそうです。


    diary20121029_03.jpg
     酒場マスターにも噂され・・・。


    diary20121029_04.jpg
     そしてオリガにも噂され・・・。って探せって言ったの、あんたやんw。


     そして・・・。

    diary20121029_08.jpg
     ヤギさんが行方不明。
     野生化したのでしょうか?(違


    diary20121029_09.jpg
    「ミョルニル」を発見!

     おつかれさまでした。


     まったくの余談ですが、Wikipediaで検索窓に「ランス・オ」と入力すると、「ランス・オサリバン」という項目が出てきました。1989年の競馬のジャパンカップを、ホーリックスで勝った騎手です。なつかしすぎる・・・。
     明日はこの話でもしましょうか?DOLから少し離れちゃうけど。


     そういえば、DOLに競走馬に関係するクエストってあったっけ?
     サラブレッド三代始祖にまつわるクエストとかあったら面白いかも。
     連続クエストで、ダーレーアラビアン、ゴドルフィンアラビアン、バイアリータークの3頭を見つけて連れてきて、そしてダービーの実施、さらにサラブレッドの誕生・・・とかね。
     この話も明日しよう。長くなる。うん。

    酒が飲める飲めるぞー酒が飲めるぞー

     10月はオクトーバーフェストで酒が飲めるぞー
     酒が飲める飲めるぞー 酒が飲めるぞー




     というわけで、しばらく前ですが、今年もオクトーバーフェストがありました。今年のタイトルは「ビアフェスト2012 in フランクフルト」だったんですね。
     イベントそのものは・・・うーん、今回は正直つまんなかったかな。以前のイベントの焼き直し的な感じでしたし、それに長距離お使いも大変でした。


    diary20121022_04.jpg

     「酒豪ナターリエ」さんを秒殺。えっ・・・?!
     ナターリエさんのお酒のチョイスも、酔いつぶれるかどうかも、どっちもランダムで決まってる感じ?


     ちなみに中の人はお酒はほとんど飲みません。飲めなくはないんですけどね、けどあんまり飲まないです。


     でまぁぼちぼち冒険。

    diary20121022_05.jpg

    酒場マスター>あんた、すごい発見をしたそうじゃないか。みんなウワサしているぜ

     久しぶりに噂されました。
     ヴィンランド・クエのランス・オ・メドーを発見したからかな?
     これについてはまた今度書くつもりです。


    diary20121022_06.jpg

    「最悪と言ってるうちは、最悪ではない」んだよ。じゃ、よろしく!

     と、やたらと軽いノリのシェークスピアさん。


     そういえば、モンティ・パイソンのスケッチ(コント)に、シェークスピアが出てきたっけな・・・。

     作曲に悩むベートーベンに、アドバイスを送るシェークスピア。
     お礼にベートーベンは「次の作品のタイトルは『ハムレット』なんてどうだい?」w
     ミケランジェロは子育てに大忙し。モーツァルトは何でも屋さんで、ベートーベンの家に出てきたネズミを駆除しようとしています。

     ちなみにシェークスピアが亡くなったのは1616年。ベートーベンが生まれたのは1770年。世代はまったく違いますね。あはは。で、ミケランジェロが亡くなったのがシェークスピアの生まれた年で、モーツァルトはベートーベンより14歳年上。というわけで、ベートーベンとモーツァルトは同時代と言えるかも知れませんね。


    diary20121022_07.jpg

    冒険スペシャルくじ屋>おお、「スペシャルくじ引き券」をお持ちのお客さん! すんごい賞品が当たる「スペシャルくじ」に挑戦する?

    冒険スペシャルくじ屋>いまキミは、冒険くじ引き券を2枚持ってるみたいだね、どうする~?

    冒険スペシャルくじ屋>了解! さあっ、何が出たかな?

    くじには【3】という番号が書かれています

    銀のスプーン 1個が当たりました。もう一度くじ屋に話し掛けましょう

    冒険スペシャルくじ屋>さあ、賞品を受け取ってね。おめでとう!

    銀のスプーンを入手しました!

     銀のスプーンが当たりました。わーい。

     ちなみに確率は、確率が均等ならば6/100みたい。17回引いて1度出るという確率です。それを6回引いて当てるんだから、こういう時の運だけは良いんだよね、私・・・。^^;

     ほかには、沈没船の断片地図3、探検船乗船券2が2度、六分儀、頭痛薬でした。


    diary20121022_08.jpg

     スペックはこんなの。


     装備してみました。前から。
    diary20121022_10.jpg


     後ろから。
    diary20121022_11.jpg


     ふと思ったんだけど、こういうので攻撃されると、なんか怖いね。あは。

    冒険レベルW解除

     今日も、ちょっと前のお話です。


     まったり冒険してたら、レベルが65になりました!

     やったー!

     …あっ!!!

    diary20121027_01.jpg

     うおぅ。レベル解除やってないや!

     レベル60の制限解除は地味にめんどくさいんですが、6570の解除は簡単。
     だけど、どこで解除するのかで迷っちゃって、後回しにしてたんですよね。

     その時ちょうどロンドンから台湾島・安平行きの船が出ていました。東アジアは危険海域だったんですが、安平の鄭成功さんのところに行けば、洋上を移動しないで済みます。
     というわけで、お相手は鄭成功さんに決定。

     ・・・迷ったあげくに、そんな理由で決定とわ。あはは。


    diary20121027_02.jpg
     この「鄭成功部下」っていう名前、なんだかかわいそう・・・。彼にもきっと本当の名前があると思うのに。
     あーでも本当に、それが本名のフルネームだったりして。あは。


    diary20121027_03.jpg

    鄭成功>そなたが異国から来た航海者か…
    腕が立つという噂は聞いている
    今後の活躍を期待しているぞ

    冒険レベルの上限が70になりました!

     無事レベル制限解除。とりあえずこれで上限が65から70になりました。


     diary20121027_04.jpg
     この椅子、座り心地がよくないね。座ってるとお尻が痛くなっちゃう。鄭さんがずっと立ってる理由がわかったよ。(ぇ


     続いては、上限70を解除です。
     ちょうどルーブルで文化貢献度稼ぎのために、ずーっと小展示室で展示中。タイミングよく回収→再展示になったので、あっという間に制限はクリア。


    diary20121027_05.jpg
     お久しぶりのジュスティーヌ。


    diary20121027_06.jpg

    ジュスティーヌ>みもりん 元気…って あれ?
    ちょっと見ないうちにたくましくなったね!
    これからも頑張ってね

    冒険レベルの上限が75になりました!

     うん、たくましくなっちゃったよ。二の腕とか、このへんが・・・ほっといてー!(涙


     というわけで、上限が65から75になりましたとさ。めでたしめでたし。

    鯖落ちと臨時メンテ

     あら。もう1週間も前の出来事になっちゃうんですね。
     先週の木曜日(10月18日)の夜に、DOLの接続障害がありました。夜の0時頃ということで、たくさんの人がインしていたので、たくさんの人が落とされてしまいました。


    diary20121019_01.jpg
     Twitter上も阿鼻叫喚(?)。

     フレが、公式サイトも落ちているということで私も確認。ほんとだ、落ちてる・・・。
     さらに上流のGAMECITYも、コーエーテクモホールディングスも落ちてました。

     これは・・・コーエーのトラブルではなくて、さらに上流のトラブルなんじゃない?とふと思って、DOS窓を開いてtracertをかけておきました。
     tracertというのは、インターネット上をデータがどのような経路で通るかを確認できるコマンドです。

     ちなみに、やり方。Windows XPの場合です。


    diary20121019_02.jpg
     画面左下の「スタート」をクリックして、そして「ファイル名を指定して実行」をクリック。


    diary20121019_03.jpg
     ここの窓に「cmd」と打ち込んで、Enterキーをぽちっとな。


     あ、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」でもオッケーです。


    diary20121019_04.jpg
     するとこういうウインドウ(通称DOS窓)が出てきます。

     Vistaでも「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」で出てくるんじゃないかと思います。うちのはそうでした。7や8は持ってないからシラネ。


     で、ここに「tracert www.gamecity.ne.jp」と打ち込んでEnterを押すと、今使っているPCからwww.gamecity.ne.jpまでのデータの転送ルートが画面に表示されるというわけです。


     サーバが落ちてる時の転送ルート。
    diary20121019_05.jpg
     おや?途中でTime Outしてますね。


     15分ほどで復帰しました。その時の転送ルート。
    diary20121019_06.jpg
     んー、今回も途中でTime Outしてますが、ひとつだけ増えてる。
     158.205.107.74というのが出現してますね。


     試しに、www.koei.co.jpをチェックしてみたところがこんな感じ。
    diary20121019_07.jpg
     158.205.107.74の次が、gate.gamecity.ne.jpになってる。


     ということで、158.205.107.74の詳細を調べてみると・・・。

    diary20121019_08.jpg
     ソフトバンクIDCという返事がきました。ソフトバンクIDCは現在のIDCフロンティアですね。

     恐らくですがコーエーは今IDCフロンティアのデータセンターを利用していて、ここのデータセンターの機材が壊れたんじゃないかと思います。


     あるいは、その日は夜1時から臨時メンテナンスを予定してましたから、その準備作業の際にミスった可能性もありますが。たとえば抜いちゃいけないケーブルを間違えて抜いちゃった、とかね。コーエーは東日本大震災の時にサーバ移転をしてるので、たぶんサーバの配線はぐちゃぐちゃでしょうから。(汗)


     ま、オンラインゲームだからこんなこともあります。
     よそのゲームだと、突発の緊急メンテが24時間とか、たまに聞く話ですしね(通称「キムチパーティー」w)。それに比べるとコーエーは良運営だと思うんですよね~。


     あと、臨時メンテに5時間かけてたのは、たぶんだけどサーバの機材(本体とか)を新しいのに入れ替えたりしたのかもね。

    ぼくはくま・・・揃ったくまー!!!

     2nd Ageのアップデートから1ヶ月以上たつんですね。
     アップデートの前後のいろいろで、あまり記事を書けなかったわけですが、ようやくぼちぼち記事にしていこうと思います・・・。


     というわけで、1ヶ月以上前のお話。
     タイトルを見ればどんな内容かはわかるとは思いますが。あは。


     今年の2月に冒険名声が足りなくて途中でストップしてたクマクエですが、冒険名声も足りて、そしてフレも進めるというので一緒にすることにしました。

     その時のことは、こちら参照~。
    ぼくはくま・・・まだ足だけ
    ぼくはくま・・・つられたくまー!!!


    diary20121025_01.jpg
     今はクエストをふたつ同時に進めることができるので、楽になりましたね。


    diary20121025_02.jpg
     クマクエを達成。


    diary20121025_03.jpg
     クエストを報告すると、「クマの服の地図」と


    diary20121025_04.jpg
    「クマの帽子の地図」がもらえます。これを掘りに行けばオッケー。


    diary20121025_05.jpg
     発見する直前、しょーもないひとことにコケて、SSを撮りそびれました。あはは。
     でも無事にクマの服をゲット。


    diary20121025_06.jpg
     そしてクマの帽子も無事にゲットしました。


    diary20121025_07.jpg
     ぬいぐるみも背負って、完全武装!(違

     ・・・でもなんか、こうやって海を見つめると、不思議とせつなくなるね。
     なんでだろう?w


    diary20121025_08.jpg
     よーく見ると、中の人が透けて見えてます。
     しかもスキンヘッド!!

     これって、噂の「寂聴ちゃんカット」ですね。(大嘘


    diary20121025_09.jpg
     というわけで、ばんざーい。
     おつかれさまでしたっと。

    プレヴェザの海戦

     諸事情がありまして、いまだに2nd Ageにアップグレードできておりません・・・。
     というわけで、新しく実装された「歴史的事件」も「ガナドール」も未経験。指をくわえて見ているだけです。


     でもまぁ、想像してたよりは面白いですね、このワールドクロックのシステムって。
     8割方史実どおりになるようになってるんだろうけど、上手くやれば史実とは違う結末になっちゃう。さじ加減が今のところは上手くいってるんじゃないかなぁ。
     これって、史実どおりでなかなか変わらないとがっかりしますし、逆に史実とは違う結末だらけだったらしらけちゃうんですよね。バランス配分が難しいと思うんです。
     過去のアップデートでの新システムって、システムが複雑になりすぎたり、中途半端だったりと正直いまいちでしたが、ワールドクロックまわりは今のところ上手くやれてるなぁと思います。

     ただバグがあったりしましたけど、でも致命的なバグではないので、許容範囲なんじゃないかなぁ。



     歴史的事件暴発のバグは、そのまま続行ということになりました。元に戻すのも大変なんだろうね、きっと。9月22日発生の次が11月6日発生予定というのは間が開きすぎ、という意見もあったみたいですし。ベターな判断だったのではないかと思います。


    diary20121022_01.jpg


     今回は、ガナドールで歴史を動かせるそうです。
     けど正直、フラグがまったくわかんない。
     まず、鯖によっては「パヴィアの戦い」が起きているそうですが、何がこのふたつを分けたのか。
     そして、結末の違い。
     前回の皇帝選挙の時はわかりやすかったですが、今回は正直、何をどうすれば結末が変わってくるのか、よくわかりません。

     いちおうイベント発生時に、

    地中海に侵攻したオスマントルコとそれを阻まんとするローマ教皇軍が衝突しました
    ハイレディンはガナドールとして活動を開始しています
    各街の出航所から「特殊輸送艦」に乗船し 司令部から戦場へ向かえます
    ハイレディンや他のガナドールと戦い彼らを打ち負かすような強者が現れれば
    その国の士気は上がり戦争を優位に運べます
    どの国の航海者が活躍するかによって本事件の結末が変わり
    世界の趨勢に大きく影響を及ぼすでしょう

     と出てきました。
     プレヴェザの海戦は、史実ではオスマンvsイスパニア・神聖ローマ帝国・ヴェネツィア連合軍の戦いでしたから、片方の陣営はイスパニアとヴェネツィアなのは想像できます。もう一方は・・・。ひとつはオスマンでしょうけれども、オスマン以外はどうなるんでしょうか?


     ちなみに「プレヴェザの海戦」の結末は、今のところ判明しているのはふたつ。
     ひとつは、「北海二国、地中海勢力を急襲」。
    ・東地中海の各街のネーデルラント影響度増加
    ・西地中海の各街のイングランド影響度増加
    ・北海でのオスマントルコ航海者に対する関税増加
     ということが起こるようです。

     もうひとつは、「オスマントルコ勝利」。
    diary20121022_03.jpg


    ・全街のオスマントルコ影響度増加
    ・他国籍航海者によるイスパニア領地への投資可
    ・他国籍航海者によるヴェネツィア領地への投資可

     これから考えると、もっと複雑のような気がしてきます。イスパ・ヴェネvsオスマン、と考えると、イングとネデが出てくる理由がよくわかんない。またフランスとポルトガルはどうなるんだろう?
     ひょっとしたら、これ以外の別の結末もあるのかも知れませんね。



     全街のオスマントルコ影響度増加って、領地もなのかな?
     まぁ今まで領地といっても、オポルトやプリマスみたいに大海戦で陥落したところ、モンペリエやバルセロナのようにイベントで強制陥落させられたところ、そしてナントやザダールのように大海戦が起きないor極端に起こりにくいところ、というのがありましたから、それを考えると平等と言えば平等なのかな?
     あと「他国籍航海者によるヴェネツィア領地への投資可」というのは、ザダールのマグロが解放っぽいですね。嬉しいところ。もし投資できるのなら、倉庫キャラさんも投資に行かせようっと。
     あ、そうそう。投資できるのって、普通に投資ができる人なら誰でもオッケーなのかな。たぶんそうだと思うんだけど・・・。ガナドールやって歴史に介入できた人だけだったりしたら嫌だなぁ・・・。

     ま、私は造船亡命の時にザダールにも投資済みですから、影響は少ないんですけどね。

    爵位きたー&ランキング1位きたー&不具合きたー

     冒険の発見物が貯まってきたので、報告することにしました。
     貯まってきたというか、わざと報告せずに貯めてたんですよね。報告せずに貯めてると、発見済みの地図が書庫で出なくなりますから。でも今は大学スキルで「発見済み地図非表示」という便利なのがありますから、貯めなくてもよくなりました。

     商会開拓街の「知識人」さんはどんな発見物も好物なので、報告行脚しなくてもいいです。なので、まず貸金庫と自分の手持ちの依頼斡旋状を全部共有倉庫に放り込みます。依頼斡旋状が大量にもらえるからね。そして社交優遇の職業(今回は司祭。冒険職のほうがいいはず)に転職して、大学スキルの「発見報告話術」と「成果表現法」をセット。さらに名声獲得10%アップのアイテムも使って、さぁ報告しまくりです。

     報告して、依頼斡旋状がある程度貯まったら金庫に放り込んで、を繰り返し。あとで調べたんですが、全部で422個報告したようです。で、その400個目ぐらいで、ようやく来ました。


    diary20121016_01.jpg

    冒険の功績に対して爵位が授与されるようです! フランスの離宮に向かいましょう

     冒険の功績と表示されてますけど、実際は名声が合計で700000になったからです。


     で、マルセイユに戻る途中・・・。


    diary20121016_02.jpg

    歴史的事件「プレヴェザの海戦」が発生しました!
    「ハイレディン」が活動を開始しました!詳しい情報は出航所役人、または出航所案内人から見ることができます

     うほ。いきなり。21時ちょうどになった瞬間に突然ワールドクロックが表示され、アニメーションし、時計の針が動きました。びっくりした。

     ・・・でも「歴史的事件」って発生するのは毎月第1火曜日だよね?今日は第3火曜日。
     嫌な予感がする・・・。まぁいいか。


    diary20121016_03.jpg

    出航所役人>みもりんさんですね 離宮より呼び出しが かかっていますよ

     離宮からのお呼び出し・・・。次はいつになるのかなぁ?前回は2011年10月6日ですので、今回の爵位が来るまで1年と少しかかった計算になります。


    diary20121016_04.jpg

    ギーズ公爵>おお みもりんよ よくぞ参った
    そなたの類まれなる功労に報い 海軍中将の爵位を授けよう
    我が国の浮沈は そなたの双肩にかかっておる 頼んだぞ

     ふと思ったんだけど、「海軍中将」って階級であって爵位ではないよね?



    diary20121016_05.jpg

    みもりんは 海軍中将に叙任されました

     海軍中将は、侯爵です。上はあと公爵、大公。
     公爵は名声合計1000000(100万)だそうです。あと約29万。
     大公は、まとめwikiには1400000(140万)と書かれていますけど、ほんと?これ。今の仕様では合計名声は1050000(105万)が上限だと思うんだけど・・・?


    diary20121016_06.jpg
     各パラメータはこんな感じ。


    diary20121016_07.jpg
     そしたら、案の定・・・。

    不具合って公式にww

     フレが教えてくれました。


    diary20121016_08.jpg

    2012.10.16 既知の不具合に関するお知らせ

    お客様におかれましては、ご不便をおかけいたしまして申し訳ございません。
    下記についてご確認いただけますようお願いいたします。

    <修正予定の不具合>
    -------------------------------------------------------------------
    ●本日10月16日21:00にワールドクロックが変動し、歴史的事件が発生した。

     ※ こちら<重要なお知らせ-2012.09.20掲載>でお知らせしておりますとおり、次回のワールドクロックの変動、歴史的事件の発生は2012年11月 6日(火)21:00を予定しておりました。

    -------------------------------------------------------------------
    現在、調査および対応の検討を行っております。
    不具合の修正対応等につきましては、対応完了後に <公式サイト-アップデート情報>にて
    お知らせいたします。
    恐れ入りますがご了承のほど、お願い申し上げます。

     わっはっはっ。
     予想どおりというか、何というか。


     能登では「プレヴェサの海戦」、E鯖やB鯖では「パヴィアの戦い」が起こったようです。

    「プレヴェサの海戦」は簡単に言うと、イスパ・ヴェネ・神聖ローマ帝国連合軍とオスマン・トルコ軍とが戦って、オスマンが勝ったそうです。勝ったといっても戦いはあまりなくて、オスマン側が先制パンチを決めたら連合軍側が立て直そうとして引いて、そのまんまって感じらしいです。だけどこれで、オスマンが東地中海の制海権を得たとか。1538年9月28日の話です。

    「パヴィアの戦い」はというと、1525年2月に、イタリアのパヴィア(ジェノヴァとピサの間らへん)で起こった、フランスとイスパニア・神聖ローマ帝国、そしてパヴィア連合軍との戦いです。フランスはボロ負けし、国王フランソワ1世が捕虜になり、ブルゴーニュやフランドル地方を放棄する条約にサインさせられたとか。ただしこの条約はフランソワ1世が解放後に破棄したそうですが。
    (最初、ブルゴーニュをブルターニュと勘違いしてた…あはは。ブルゴーニュはパリの南東、ブルターニュはナントの北の岬のあたりです。あとフランドルは北フランスからベルギー、オランダにかけての地域ですね)


     フランスとしては、パヴィアの戦いは回避したいところですね・・・。


     パヴィアの戦いと、プレヴェサの開戦の発生を分けたフラグはどこにあるんでしょうね?


    diary20121016_10.jpg
     発見物を一気に報告したもんだから、1時間ほどで名声が4万近くも上がりまして、冒険名声獲得ランキングで1位になってしまいました。
     ランキングは以前オスマンに亡命した時に、賞金首増額ランキングで2位、というのがありましたけれども、1位になったのは多分初めてです。
     ぐぐってみたら、先々週あたりの冒険名声獲得ランキングトップの人は5万5000ぐらいゲットしてたんですね。ランキング1位になれたのは、運もよかったからかも?

     記念にWeb魚拓取っとこ。あは。


     おまけ。


     日曜日の大海戦後のお疲れさま会の集合SSです。
     さて、私はどこでしょう?w

    (2012年10月19日追記。写真が怖いとのご意見を戴きましたので、追記というかたちにしました)

    続きを読む

    ラスパルマス大海戦

     10月12日~14日は、ラスパルマスでの大海戦でした。
     ポル・ヴェネvsイスパ・フラ・オスマンでした。

     今回も偵察&データ取り&支援バザーをしてました。というか実は私、先日ケガをしちゃいまして、ケガじたいはたいしたことはないんですけれども、そのせいで同じ姿勢でいると背中がしびれて耐えられなくなってくるんですよね。なので、20分プレイすれば10分休憩、というペースにならざるを得なかったんです。これでは戦えません。
     今回はそれなりに、戦闘に参加できるように準備してきたんだけどなぁ。残念だけど仕方ない。


     参加人数です。例によって洋上で検索かけたヒット数の合計です。
     誤差や計算ミスもあると思いますので、目安としてどうぞ。

     金曜日
    小型(20:30頃) ポル側156人 イスパ側116人
    中型(21:30頃) ポル側143人 イスパ側134人
    大型(22:30頃) ポル側160人 イスパ側151人

     土曜日
    小型(20:30頃) ポル側188人 イスパ側163人
    中型(21:30頃) ポル側199人 イスパ側167人
    大型(22:30頃) ポル側206人 イスパ側153人

     日曜日
    小型(20:30頃) ポル側190人 イスパ側154人
    中型(21:30頃) ポル側207人 イスパ側148人
    大型(22:30頃) ポル側216人 イスパ側208人

     ポル側のほうが20%~30%ほど多いという結果に。

     前回のイング・ヴェネ・オスマンvsポル・ネデの時もだいたい20%~30%差でした。
     これぐらい人数差があれば、少数側は何もできないですね。洋上偵察した感じでも、イスパ側は対人と構築で手一杯で、なかなか工作もN狩りもできない感じでした。それも前回と同じ感じ。


     勝利数。
     金曜日
    小型 ポル447側勝 イスパ側271勝
    中型 対人 ポル側 95勝 イスパ側 80勝 N狩り ポル側196 イスパ側159
    大型 対人 ポル側100勝 イスパ側 79勝 N狩り ポル側 96 イスパ側 84

     土曜日
    小型 ポル側488勝 イスパ側390勝
    中型 対人 ポル側 92勝 イスパ側 92勝 N狩り ポル側250 イスパ側157
    大型 対人 ポル側 86勝 イスパ側 76勝 N狩り ポル側129 イスパ側 85

     日曜日
    小型 ポル側498勝 イスパ側350勝
    中型 対人 ポル側105勝 イスパ側100勝 N狩り ポル側287 イスパ側178
    大型 対人 ポル側119勝 イスパ側 89勝 N狩り ポル側128 イスパ側 80

     対人もポル側優勢でしたが、これだけ人数差があると対人成績の中には、相手にあぶれた敵のガチ対人艦隊に構築専やN専艦隊が狩られたという数字も多いと思います。なのでポル側のほうがガチ対人艦隊も強かったとは数字からだけでは言い切れないと思いますね。真相はわかりません。ガチ対人をやってた人に話を聞いてみないと。


     あとNPCの出現数も、相変わらず偏ってたように感じましたねぇ。同じく参戦した複数のフレも言ってて私も同意見なんですが、今回もイスパ側旗のNPCがポル側旗の倍以上出ているように感じました。ある人は、相手側は敵NPCの出現を低く押さえる方法をつかんでいるんじゃないか?とさえ言ってました。
     私は、クエストを受けた人数の少ないほうの陣営のNPCが多く湧く、そんな隠し仕様があるんじゃないかなぁ・・・と思ったりしています。
     そのへんは運営に問い合わせと、確認のお願いメールを送ってみるしかないか・・・。


     ちなみに、他社のオンラインゲームのブログラマをやってる人(DOLもプレーしたことがある)にこの話をしてみたんですけど、極端な話、たった一文字の記述間違いでも起こり得るって言ってました。プログラムがエラーとして吐き出したり目に見えるバグとして出てこないぶん、チェックするのが難しいやっかいなバグになるって言ってましたね。


     でもまぁこれだけ人数差があれば、たとえN湧きが正常でも、Nを狩る人数的余裕がないのが正直なところ。
     大海戦の仕様が変わるか、プレイヤーの人数バランス(国の人口)が変わるかでもしない限り、プレイヤーサイドとしてはどうしようもないなっていう気がします。うーん・・・。

    在マルセイユ商会の2012年10月の納品

     貢献度5
    ・カッツバルゲル
    ・地方海賊への上納品18個

     貢献度4
    ・討伐功労勲記5枚
    ・骨付き羊肉のワイン煮込み20皿

     貢献度3
    ・名工の大工道具1個

     公認商会特典は、航海補助。
    ・再交渉要望書8+名匠の鍛冶道具2


     今月は商館を落としたと思いました。


     15日の午前11時の段階。
    diary20121015_01.jpg
     オーシャンズインは21位です。20位まで85ポイント差で、足りないのは4キャラ分+1回分です。眠っている倉庫キャラに課金して叩き起こして、そして持ってる納品書を全部使ってもまだ足りない。
     この時、商館は落としたと思いました。

     あきらめて商館の商会秘書さんに最後の挨拶。(涙
    diary20121015_02.jpg
     ううう。1年と1ヶ月の間、ありがとう・・・。13番商館ともお別れです。


     私はリアルで用事があるので、アパにログイン放置したままリアルお出かけしました。


     2時間ほどで帰宅。そしてメッセージを確認したら・・・あれ?商館を失ったとはありません。
     商会管理局で確認してみると・・・。

    diary20121015_03.jpg
     おおー。商館を失ってません!
     どなたかはわからないですが最後の1時間で納品してくれて、商館は維持できたようです。
     ありがとう~!!


     商館の商会秘書さんにもう一度あいさつ。あは。

    diary20121015_04.jpg
     ゆっくりしていきま~す。
    ブログランキング
    カレンダー
    09 | 2012/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    著作権について

    『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
    (C)2005-2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

    プロフィール

    みも

    • Author:みも
    • Eosワールドに棲息しています
    • Notos
      Français
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR