スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第92回大海戦レポ

     気がつけば、久々の大海戦レポかも?


     都合で事前に準備できなくて、金曜日ぶっつけ本番となってしまいました。

     金曜日。とりあえず構築。構築する人が少なくて大変でした。私は鉄板をひたすら納入してて、もうひとりの方は鉄材を入れて下さっていたみたい。で、午後3時30分頃、だいたい0-80-80ぐらいになった時点で、気分転換も兼ねて大砲を作ってくることにしました。
     そしたら意外と手間取り、完成したのが午後5時頃。納入に向かうと・・・オール100になってました。うわ。。。なんだか申し訳ない。

     小型・中型は偵察係、大型はフレたちと3人艦隊を組んでN狩りをしてきました。
     序盤はイングランド側の要塞が3つも多くてポイント差でも向こうがリードしていたので、NPCが比較的多く湧いていました。
     対人は0戦、NPC狩りは11戦やって、なぜか1つ負けてw、10勝。


     土曜日は、金曜と同じ流れ。小型・中型は偵察で、大型はフレたちと4人艦隊で雑食・・・の予定でしたが、ポイント差がつきすぎてNPCが全然湧いてないので、必然的に対人に。って勝てるわけがない。以前のルン大海戦の時は敵の構築や工作艦隊がいたので、彼らを攻撃することで3人艦隊でも勝つことができましたが、今回は敵は対人艦隊ばかりで、5対4では勝てないね。私の出る幕じゃない。
     対人は7戦やって0勝6敗1撤退、0与沈2被沈没。NPCは3勝でした。


     日曜日は終始偵察でした。



     結果は、これはもう人数差に尽きますよね。

     私は以前から指摘してましたが、今の仕様の大海戦はとにかく「人数の多いほうが勝つ」仕様。戦功を稼ぐ(=MVPを狙う)なら対人戦が大事なんですけれども、勝利ポイントを稼ぐ(=チームの勝利を狙う)にはNPC狩りが大事なんですから、参加人数は多ければ多いほど有利なんですよね。
     そして傭兵制度が導入されましたが、人数差が是正されるどころか、拡大してしまってますね。

     傭兵制度そのものは魅力的だと思うんですけれども、こんなふうになってしまっては、仕様としては改悪と言わざるを得ません。
     以前にも書いた記憶がありますが、仕様で人数差の拡大を防ぐことが必要だったと思います。たとえば大海戦クエストを受けた人数の差が10%を越えると、優勢側では傭兵はクエストを受けることができないとかね。

     あんまり平等にしすぎると引き分けばかりになってつまんないですが、こうもワンサイドになっちゃうと・・・ね。



     もうひとつ思ったのが、各国の外交施策の違いがここにきて出てしまってるということ。
     端的に言うならば、イングランド&ヴェネツィア vs イングランドかヴェネツィアに虐げられた国、という構図になってますよね。^^;

     たとえばイスパニアの皆さんはほとんどがポルトガル側で出たように見えましたが、当たり前といえば当たり前ですよね。この1年ほどイスパニアとヴェネツィアは投資戦をしていますが、横から見ていてスタートから気持ちのいいものではなかったですもん。大海戦の途中に、なかば突然に仕掛けてきたわけですから。そしてずっとずっと、泥沼のような投資合戦。あんまり詳しいことは知らないんですが、決着の付け所がなく、あたかも全滅狙いのように戦ってるようにしか見えないんですよね。そりゃみんなポル側にまわりますよね。
     ネーデルラントも、長い間イングランド相手に北海やバルト海の同盟港で辛い思いをしてきましたもんね。


     以前の2対3の仕様ならその強硬施策でも何とかなりましたが、傭兵制度が導入されちゃって、その施策が裏目に出てますよね。もうほとんど2対5。
     そしてたとえ今から外交施策を変えたとしても、人の気持ちってすぐに変わったりするもんじゃないから、今後もこの構図は続くんでしょうね。


     フランスとしては、イベリア連合の維持を私とかは主張していたわけですが、よかったなとほっとしています。
     これからも仲良くしていきたいですね。


     あ、そうそう。これ言うの忘れてた。

     ナスイオスマン!w(ナイスではないw)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログランキング
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    著作権について

    『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
    (C)2005-2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

    プロフィール

    みも

    • Author:みも
    • Eosワールドに棲息しています
    • Notos
      Français
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。